JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター

JISHA方式適格OSHMS

お申込みの手順

お申込み前にご確認ください!

OSHMSを構築後、1回以上PDCAのサイクルを回していますか?

適格基準では、システム監査、OSHMSの見直し、システム監査の結果に応じた安全衛生方針や安全衛生計画の見直し等を求めていますので、適合状況を評価する上で、既に1回以上PDCAサイクルが回っていることが必要になります。

次の事項(欠格事項)のいずれにも該当していませんか?

該当する場合には、認定が受けられません。

  1. 事業者が労働安全衛生法又はこれに基づく命令の規定(認定を受けようとする事業場に係るものに限る。)に違反して罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過していない。
  2. 事業者が労働安全衛生法又はこれに基づく命令以外の法令の規定(認定を受けようとする事業場に係るものに限る。)に違反して禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過していない。
  3. 事業場に係る事業者である法人の業務を行う役員のうちに1.、2.に該当する者がいる。
  4. 事業場が以前、認定を取り消され、その取消しの日から起算して2年を経過していない。

JISHA-ISOマネジメントシステム審査センターの免責事項をご承知おきください。認定申込書の裏面に記載されています。

お申込み方法

「JISHA方式適格OSHMS認定申込書」をダウンロードし、必要事項をご記入の上、JISHA-ISOマネジメントシステム審査センターにご郵送ください。

送付先:
〒108-0014
東京都港区芝5-35-2
中央労働災害防止協会JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター

申込書(PDF 36KB)

<本様式のご利用上の注意>

本様式を使いお申込みをされる場合は、「JISHA方式適格OSHMS認定申込書」と、「JISHA方式適格OSHMS認定にかかわる当協会の責任等について」のみが自動で両面印刷されるようになっています。(両面印刷されない場合には、お手数ですがJISHA方式適格OSHMS認定申込書」(2枚目)と、「JISHA方式適格OSHMS認定にかかわる当協会の責任等について」(3枚目)を両面印刷してください。)
必要事項記入のうえ、郵送にて、マネジメントシステム審査センターにお送りください。

※申込書にご記入いただいた個人・企業情報につきましては、当協会が責任を持って管理し、JISHA方式適格OSHMS認定事業の実施のため(ご連絡、運営、後日のお問い合わせ対応等)にのみに使用いたします。

ページの先頭へ