JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター

JISHA方式適格OSHMS

適格基準の国際性

ILO(国際労働機関)は、2001年6月に「労働安全衛生マネジメントシステムに関するガイドライン」を策定しました。(同ガイドラインの原文(英語)については、 ILO「労働安全衛生・環境国際重点計画」(Safe Work)のホームページにおいて、要約(日本語)については 旧国際安全衛生センターホームページ 別ウィンドウが開きますにて紹介されています。) これは、政府・使用者・労働者の三者の協力により作成された唯一の国際的基準であり、各国における労働安全衛生マネジメントシステムの適切な普及に資するものとされています。

ILO「労働安全衛生・環境国際重点計画」(Safe Work)のユッカ・タカラ部長は、我が国のOSHMS促進協議会2004年度総会へのメッセージ(PDF 168KB )の中で、中災防のマネジメントシステムは、厚生労働省のOSHMS指針に基づいて展開されており、こうした取り組みはILOのガイドラインが提唱している考え方に沿ったものであると述べています。

また、同部長は平成16年2月、中災防主催の講演会において、次のようなことを述べています(出所:中災防『働く人の安全と健康』2004年4月号、「ワールドビュー」)。

なお、JISHA方式適格OSHMS基準は、ILO「労働安全衛生・環境国際重点計画」(Safe Work)のホームページにおいても紹介されています。

ページの先頭へ